某俳優オタクの徒然ブログ

思ったことを書く。そんな自己満ブログです。

推し変されて行く現状

私の推しのファンの方々が、次々と推し変していく悲しい現実について語ります。

よくそのファンの方々は、口を揃えてこう言いました。

「今でももちろん大好きだよ?でももう降りようと思ってるの」と…

「ファンサをくれたー!」だの「ずっと私の方を見てくれた!」だの___

しかし、某舞台でその方々は推しからファンサをしてもらえなかったそう。

「全然こっち見てくれなかった!どういうこと!?」って。

そんなの私はしょっちゅうあったし、推しだって自分のファンや会場に足を運んでくれたお客様にサービスをしてあげたいはず。あなた達だけに構ってる場合じゃない。

そして最近は2.5次元の人気が止まらない。客降りのある舞台では、ファンサだってあるでしょう。

となると、ファンの目がそちらに移ってしまうわけで……あまり2.5に出ない推しはもはやキープみたいな状態になっているわけですよ。

悲しいなぁ…実に悲しい。

こう言っては偏見になってしまいますが___ファンサや認知がなきゃ、ファンの子は振り向いてくれない。

でも別にファンサがなくても良いと思うんです。私の推しの場合。

まぁ、私は何ももらったこと無いからなんですけど。役者さんはあくまでもアイドルでないわけで、お芝居をしてなんぼだと思うんです。

自分が、推しからファンサをもらえなかったことに悔やんでた時期もありましたが、でも今思えば、推しが舞台で演じている姿が見れれば幸せだな…と。

推しを初めてみたあの日、本当に夢みたいでした。

外見だけで好きになった推しが、こんなにもキラキラ輝いて役になりきってるんだって。

回数を重ねたり、ファン歴が長いと高望みをしてしまうかもしれません。けど、もう一度「初めてみたあの時の気持ち」を思い出すと、今どれだけ私は推しに幸せをもらってるのか、改めて気づくことができました。